<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日、父の検査結果がわかりました。
胃の腫瘍は良性のものでした。
1から5までの数字であらわして、4と5が癌だとすると、父の腫瘍は3、ちょうど真ん中くらいだそうで、今後癌になることもありうるし、今の良性のままということもあるし、もっと良くなるということはあまり考えられないけれど、そうなることもあるかもしれない・・・1年後にもう一度検査をしましょう・・・という病院の先生のお話だったそうです。

これは、私に、私たち家族に必要な、素晴らしい贈り物のような結果だったと思えてなりません。
自分たち次第、今の気持ちを忘れないで、家族みんなで支え合って、真の癒しに向かっていく努力をし続けること、どんなことからも逃げない勇気をもち続けること、毎日を精一杯生きて、地道な努力をし続けること、初心を忘れないこと、その思いを持ち続けること・・・

今日、すべて問題なくOKになってしまったら、私は、またすぐに今の気持ちを忘れてしまうことだろう。
だけど、今日の結果に導かれて、1年間、この気持ちを持って、進んでいくこと、1年かけて、真の優しさを手にして、深めていくことを忘れないでいられます。

父の胃にできた腫瘍さんに、「ありがとう〜」でいっぱいになりました。

1年かけて、これからもみんなでがんばっていこうと、両親と話ました。

素晴らしい愛の流れに感謝を忘れずに、また思いを深めていきたいと思います。


そして、明日、あさってと、伊豆高原でおこなわれる、JHASの先生方の研修旅行に行ってきます。伊豆高原・・・何度か行かせていただいて、大好きな場所となりました。
いつも、東京からは「踊り子号」という電車に乗っていくのですが、私はこの「踊り子号」が妙に好きです。
明日も、この踊り子号に乗れる♪わくわくです♪

私には夢がありまして、それは、いつか素敵な伴侶さんと出会ったら、一緒にこの踊り子に乗って、旅をすることなんです。
想像するだけで、幸せで〜す。
新婚旅行でもいいな〜と思っているほど、踊り子号に乗って一緒に旅をすることが、私のあこがれです。

明日、あさってと、大好きな伊豆で、いっぱい学んできたいと思います。
また、いつか伴侶さんとともに旅できる日のために、いっぱい学んで、自分を成長させていこうと思います。

行ってきま〜す!

 
[PR]
by aroma-nina | 2007-04-26 22:46 | Comments(0)

愛いっぱい

d0109356_21472032.jpg
今日の夕飯はカレーでした。
我が家のカレーは、タマネギ、ニンニク、にんじん、エリンギ、ぶなピー、ベジタリアンミートボール、ひよこ豆などなどを入れます。

炒めているとき・・・煮込んでいるとき・・・愛いっぱいの隠し調味料を入れます。

「いいエネルギーが入りますように〜」「おいしくなりますように〜」
「これを食べて、みんなが元気いっぱいになりますように〜」
家族みんなで幸せに食卓を囲む姿を想像しながら。

目には見えないけれど、思いはエネルギーとして、ちゃ〜んと伝わります。

今日のカレーもとってもおいしかった〜。
最近は、特にこの隠し調味料をめいっぱい入れます。
2週間前、父が体調を崩して倒れるということがありました。
だから、父が元気いっぱいになるように・・・そして母や私も元気いっぱいでいられるように・・・
いっぱいの愛を込めます。

父は1週間前、胃の検査をして、潰瘍か腫瘍のようなものが見つかりました。
その検査結果が明日わかります。

父が倒れたこと・・・そこには、いっぱいの愛が込められているのを感じる日々です。
心配になったり、不安になったりもしましたが、たくさんの方々にサポートしていただいて、そして、家族みんなで団結して、支え合って、日々過ごしてきました。

アロマセラピーで学んだことを初心にもどって、させていただいています。
毎日、父へのアロマトリートメント、クリスタルの施術、ヒーリング・・・そして、いっぱいの「ごめんなさい」と「ありがとう」を送らせていただいています。

父のアロマのレッスンの再開もしました。

父の病気・・・こうならないと気づけないこと、本気で変わろうとしないで逃げ続けてきたこと、いっぱいだった。感謝を忘れ、父の愛のうえにあぐらをかいている状態だった。
どれほどたくさん「ごめんなさい」を送っても、足りないくらいだと思う。

だけど、こうして、「ごめんなさい」をたくさん送らせていただけることに、感謝の思いを、愛を思い出していくチャンスをいただいたこと、父に、この出来事に、「ありがとうございます」の思いがいっぱいです。

病気はメッセージ・・・病気はただ単に不幸なできごと、大変な出来事としてとらえてしまいがちだけど、そこには必ずプラスのメッセージが隠されている。
忘れてしまっていること、逃げてしまっていること、失ってしまっていること・・・「その生き方、しっかり見つめなおしてね♪」そんな自分の魂からの愛いっぱいのメッセージが込められている。

そして、自分ではなく、大切な人が病気になるとき、それは自分へのメッセージでもある。
大切な人へ・・・愛のない思い、言葉、送っていなかっただろうか・・・
大切な人へ・・・しっかりと向き合っていただろうか・・・
大切な人へ・・・優しい思い、言葉、行動で、真に優しく、真に大切にしていただろうか・・・
大切な人へ・・・出会えたこと、そばにいてくれることへの感謝、毎日送ることができていただろうか・・・

あたりまえのことなど何一つないのに、いつしか感謝を忘れ、傲慢になり、愛から遠ざかってしまう。

「ごめんなさい」をいっぱいして、前を向いて、しっかりと歩いていきたい。

大切な人の心を、身体を病ませることのないように、大切な人を失わない生き方、愛ある生き方をしていきたい。
[PR]
by aroma-nina | 2007-04-25 22:41 | Comments(0)

闇に光を

今日は一日中、家のお掃除をがんばりました。
それは・・・それは・・・すごかった・・・
悲鳴をあげそうになるくらいに、すごかった・・・
ホコリを取りたいと思い、いろんな棚、テレビ、仏壇・・・さまざまな物を動かし、その後ろに入り込み、ホコリと格闘した。
本当は、午前中だけで終わらそうと思っていたけれど、やり始めたら、途中でやめることができなくなり、用事も明日にまわすことにして、夕方近くまでやり続けた。

もう何十年分とも言えるホコリもあった。
それは、それはすごかった・・・他に言葉もでないくらいに・・・
でも、それは、ずっと見てみぬふりをして、少しづつ地道にお掃除をせずに、溜め込んでしまったから・・・仕方がない。

最近、ずっと逃げ続けてきたことに向き合っていく・・・ということが、次々と起こっています。
そこにあるのはわかっているのに、そこをしっかりと見ることから逃げて、そこにフタをして封じ込めたり、何かで覆って隠そうとしたり、見て見ぬふりをしたり・・・

そんなふうに逃げ続けている限り、心はいつも何となく苦しく、モヤモヤとして、また、その隠しているもの、フタをして中にしまってしまったもの、押し込めてしまっているものが、それはそれは恐ろしいもの、絶対に見たくないもの、できれば一生そのまま隠し続けたい、見ないで過ごしていきたい・・・そんなふうに思ってしまうもの。

どんなに頑丈なフタをしても、分厚いもので覆い隠しても、何重にも鍵をかけても、表面には見えなくなっても、その闇はしっかりと存在する。
そして、隠せば隠すほど、見ないようにして逃げれば逃げるほど、その闇は大きく、大きく自分にせまってくる。フタをして、鍵をかけた、その奥でバタバタと大暴れしてくれる。

だけど、逃げることをやめて、勇気をもって、そのフタを、鍵をあけたとき、いっぱいの勇気をふりしぼって、自分の足でそこに踏み込んだとき、その中をしっかりと自分の目で見つめたとき・・・そこに、いっぱいの光がさしこみ、すがすがしい、さわやかな風が流れ込み、あんなに怖くて仕方がなかった存在が、真っ暗な闇が、実は怖いものではなく、そこにはいっぱいの愛が溢れていたことに気がつく。

今日のお掃除、本当に大変だったけど、お掃除しながら、自分の中から、いっぱいの勇気と力が湧いてくるのを感じました。

ずっと逃げていたことに、これからも勇気をだして、向き合っていきたい。

でも、逃げ続けてきた期間が長い分だけ、そこに向き合っていくのは勇気とエネルギーがいっぱい必要になる。

これからは、逃げないで、ちょっとづつ、ちょこちょこと、地道にお掃除していきたい・・・お家も、自分の心もね・・・そんなふうに思わせてくれた、今日のお掃除でした。
[PR]
by aroma-nina | 2007-04-25 00:23 | Comments(0)

優しい愛

私の両親は私の生徒として、アロマセラピーを学んでいます。

母は養成コースのすべてのレッスンを終了し、現在は、7月に受けさせていただくディプロマ試験(JHASの資格をいただくための試験)に向けて、がんばっているところです。

父のレッスンは、もうだいぶ長い間、お休みしている状態になってしまっていました。
その父のレッスンが、今日からあらたなスタートをきりました。
あらたなスタートをきった、親子二人でのレッスン・・・父も私も、お互いに真の癒しの第一歩を踏み出せた、そんなレッスンをさせてもらうことができました。

本当に未熟で、傲慢なところがある私は、これまで、人を「裁く」ということを、たくさんしてきてしまいました。それは、とても苦しい、そして相手を苦しませる、、自分を傷つけ、相手を傷つける生き方でした。
でも、そんな苦しい生き方をしてきた自分だからこそ、たくさんの謝罪とともに、溢れ出る真の謝罪とともに、これからは、相手の方にそっと寄り添い、相手の方を理解させていただく努力をする、「あなたを理解したい・・・させてください」そんな思いを胸に生きていきたいと、思います。

寄り添い、理解する・・・相手の気持ちを理解する努力をしていく生き方・・・なんて優しい生き方でしょう。
そんな生き方を、ずっと、ずっとしたかった。

優しさから遠ざかり、苦しい生き方を体験したからこそ、もう一度優しい自分を取り戻し、優しく生きることの素晴らしさを、それがどんなに幸せなことかを体験させていただくことができる。

優しさを、優しく生きることを忘れてしまった自分だから、優しさを思い出していく努力を、いっぱい、いっぱいしていこう。

今日は、父のレッスンをさせてもらって、父の気持ちを理解したい・・・その思いがいっぱい溢れてきました。

誰かが自分の気持ちを理解してくれたとき、自分の苦しい思いを、苦しかった思いを理解してくれたとき、人はとても癒される。
私がそうでした。私の先生が、私の苦しい思いに優しく寄り添い、理解してくれた。私を理解しようと、いっぱいの優しい愛で、いつも包んでくださった。

だから、私も、私の先生が私にしてくださったように、傷つき、苦しんでいる誰かにそっと寄り添い、その苦しみを理解させていただきたい。その人が真に癒されるまで、そっと、そっと、優しく包ませていただきたい。

人は本当の愛に触れたとき、どんな苦しみでも必ず癒されるときがくる・・・そう信じられるから。
[PR]
by aroma-nina | 2007-04-22 22:27 | Comments(0)

さくら♪さくら♪

d0109356_21121280.jpg

新潟県内も桜が見頃となってきていますね〜♪
私も昨日、お花見に行ってきました。上越の高田公園まで♪

私は桜がとっても大好きです。
桜に魅せられる人は、とっても多いのではないかな・・・と思います。
満開になる前の桜は、とても素晴らしいエネルギーに満ち、お花見をする私たちにも、そのエネルギーを注いでくださいます。

大きな、暖かな、素晴らしいエネルギーに満ちた桜の木の下で、大好きな人、大切な人達と一緒においしいお弁当をいただくひととき・・・あ〜幸せ〜♪ですよね。

昨日は、上越の高田公園まで行ってきましたが、私の住んでいるところも、素晴らしい桜の名所があります。よくワンちゃんのお散歩に行く、大河津分水の土手です。
今日も夕方、ワンちゃんたちとお散歩に行ってきましたが、咲き始めたところでした。
最近行くたびに、少しづつ膨らみ、ピンク色になってくる桜のつぼみを見ながら、今か、今かと、とてもワクワクした思いでいました。
咲く前も、そして咲いてからも、桜は私たち人間に、たくさんの幸せを届けてくださいますね。

桜だけでなく、最近は、ワンちゃんのお散歩中に、様々なところで、色とりどりの花たちに幸せをいただきます。

植物さんに・・・動物さんに、毎日毎日、いっぱいいっぱい助けていただいている・・・本当にありがとう・・・そんな思いがいっぱいの今日一日でした。





d0109356_21491419.jpg

[PR]
by aroma-nina | 2007-04-10 21:51 | Comments(2)