おばあちゃんの野菜

私の母方の祖母は、畑仕事が大好きです。
農家というわけではなく、家族や、私たち親戚や、またご近所さんたちへお裾分けをするくらいの野菜作りをしています。

今朝も新ジャガやレタスをいただいてきました☆

祖母の作る野菜はひと味違って、野菜に甘みもあって、食べるたびに「ばあちゃんの野菜は、やっぱりおいしいね〜♪」と言いあいます。

祖母の作る野菜には、祖母が楽しみながら畑仕事をしている、野菜を可愛がって育てている祖母の思いが詰まっていて、そんなおばあちゃんの野菜をいただけることが本当に嬉しいな〜、ありがたいな〜って思います。おばあちゃんの野菜は、私の元気の素となります。

今年77歳で喜寿を迎えた祖母・・・若いときに自分のだんなさんを病気で亡くし、一生懸命働きながら、苦労もいっぱいしながら、私の母たちを育ててくれた祖母です。

元気な祖母ですが、昨年あたりから、少し体調を悪くすることがあったり、最近は腰や足に痛みがあるようです。
そんな祖母に、最近は母と二人でアロマのトリートメントをさせていただく機会が増えました。

少し背も丸くなった、小さなおばあちゃんの身体に触れさせていただくたびに、「ありがとう〜」という思いが溢れ、これからも元気に長生きしてほしいな〜と思いいます。

大切な家族にトリートメントをさせていただけること、アロマセラピストになってよかったな〜と思うことの一つです☆
[PR]
# by aroma-nina | 2007-06-20 09:43 | Comments(0)

素のまま☆

自分の家族を「いいご家族だね〜☆」と褒めていただくことがあります。

そんなふうに褒めていただくと、とっても嬉しくなりますし、そして、今の私は「そうなんだよね〜☆」と自信をもって、嬉しい気持ちでお答えさせていただきます。

我が家は家族み〜んな声が大きくて、これからの季節、家の窓を開けておくと、外までぜ〜んぶ、しかも離れたところまで聞こえてしまうくらいで、ちょっとはずかしいのですが、そして、ちょっと「品がないな〜」なんて思うこともあるのですが、でも、そんなところもひっくるめて、我が家っていいな〜☆って思うのです。

夜、それぞれの1日を終えて、ときには疲れてしまったりする日もあるけれど、家族みんながそろって夕食をいただいたり、大声で話をしたり(笑)、テレビを見て盛り上がったり、そんな我が家でのひとときに、家族それぞれが癒され、また翌日への活力になっていると実感しています。

それは、お互いに「素のままに」いられるからだと思います。
笑いたいときは笑うし、怒りたいときは怒るし、泣きたいときは泣くし、仕事の大変だった話も、いいときばっかりじゃなく、調子の悪いときも、マイナスの自分のときも、なんの気兼ねもなく、家族の前では見せることができます。

これって、とても大切なことなんだと思います。

かつての私は、家族といても、私って一人だ・・・って感じてしまい、家にいても、どこにいても孤独感でいっぱいでした。

どうして今のような気持ちになることができたのか・・・それは、素のまま、ありのままの自分でいられるようになったからだと思います。

素のままでいられる・・・素のままで生きられる・・・これは本当に楽なことです。

これはどんな自分も、自分のいいところも、また弱かったり、自分のマイナスなところも、自分で認めて、否定しないで受け止めて、自分をまるごと愛してあげられる・・・そして、おんなじように、相手のどんなところも認めて、否定しないで、受け止めて、愛していく、そして相手を信じていくこと・・・それができないと、素のまま、ありのままでいるって、なかなかできないことなんだと思っています。

私は、家族の前では素のままでいられる、本当に楽でいられるけれど、まだ、どんな人の前でも、誰のまえでもそれができるわけではありません。

だけど、それができるようになっていきたいな〜って、すご〜く思うのです。

誰の前でも、誰といても、素のまま☆ありのまま☆これが今の私の大切にしたい目標です。

明日も、ちょっと、新しい人と出会わせていただく機会があります。

素のまま☆ありのままの自分で、出会わせていただけたことに「ありがとう〜☆」の思いを忘れずに、素のままで、出会いを楽しみことができたらいいな〜☆と思っています。
[PR]
# by aroma-nina | 2007-06-15 11:12 | Comments(0)

幸せになるために☆

明日は、JHAS(日本ホリスティックアロマセラピー協会)の定例会が浜松にておこなわれます。

私も参加させていただくので、今日はこれから浜松に向けて出発です☆
この定例会に参加するのが本当に楽しみなんです♪

JHASのスクールは日本全国にたくさんありまして、また海外でもがんばっている方がいます。
定例会などの研修には、日本全国から、時には海外からも参加される方がいます。
そして、以前も書かせていただきましたが、このスクールでは男性も女性も、また10代から70代といった、とても幅広く、さまざまな方が学んでいます。

ホリスティックアロマセラピーを通じて、自分自身を癒し、自分自身を幸せにしていく・・・そして、誰かの癒しのお手伝いをしたい、誰かが幸せになっていく、そのお手伝いをしたい・・・そんな思いをもった仲間が、たくさん集まります。

人は苦しむために生まれてきたわけではない・・・
私たちは、幸せになるために生まれてきた・・・

このアロマセラピーに出会い、そう思うようになりました。

生きていると、いろんなことがあります。
苦しむことも、悲しいことも、怒りを感じることも、誰かを憎んでしまうことも、自分を責めてしまうことも、つらい出来事も・・・

でも、どんなことも、意味のないことは起こらない。
だから、どんなことからも、そこから学んで、自分を成長させていきたい、そこから自分をいっぱい幸せにしていきたい。

自分自身を全力で癒して、そして、全力で幸せになっていきたい・・・そう思います☆
幸せになるために生まれてきたのだから☆☆☆

自分をさらに癒して、幸せになっていくために、明日の定例会・・・わくわくと、いっぱい学んできたいと思います☆
[PR]
# by aroma-nina | 2007-06-09 10:13 | Comments(0)

皆さんのリラックスタイム☆リフレッシュタイムはどんなひとときですか〜?

私のリラックス☆リフレッシュタイムのひとつは、「アロマバス」です。

アロマバスとは・・・お風呂の湯船に精油を数滴入れて入浴するんです☆
選ぶ精油はその日によって様々ですが、精油を湯船に数滴落とし、手でゆっくりかきまぜると、あ〜いい香り〜☆が広がります。

そして、湯船につかる瞬間・・・あ〜幸せ〜♪(極楽♪極楽♪)

毎日の生活の中で、ときにはエネルギーを消耗してしまうこともあると思います。
疲れたな〜って感じてしまうこともあると思います。

そんなとき、アロマバスの精油が身体にも心にも染み渡ってくるのを実感します。

エネルギーの消耗があったとき、疲れてしまったとき、元気だけどさらにエネルギーを高めたいとき・・・どんなときも、このアロマバスはリラックスタイム☆リフレッシュタイムを届けてくれます。

今日の夜は、ちょっとリッチに「ネロリ」の精油を入れて、アロマバスを楽しみました。
そして、私のリラックスタイム☆リフレッシュタイムは、アロマバスにつかりながら、本を読むことなんです。

このことを伝えると、「本は濡れないの〜?」と聞かれることがあるのですが、私の場合は、濡れてもいい永久保存版ではない雑誌を読んだり、小説の文庫本を読むのも好きなのですが、その場合は、乾いたタオルも必ずそばに置いて、手をふきふき、汗もふきふきしながらアロバスで読書を楽しみます。
これが私にとって、なんともリラックス☆リフレッシュできるひとときなんですよね。。。

本を読む以外にも、アロマバスにつかりながら歯磨きをしたり、クリスタルを手に握ってエネルギーを高めたり・・・さまざまです。

今日はどんな「アロマバスタイム☆」にしようかな〜って考えるのも、毎日の楽しみのひとつです♪
[PR]
# by aroma-nina | 2007-06-08 22:34 | Comments(2)

リーシェちゃん、よぽりんさん、ホーリーフちゃん、暖かなコメントをありがとうございます♪

リーシェちゃん、昨日のメニューはですね〜・・・ベジカツ、ベジやきとり、マカロニサラダ、コンビーフ風のベジハムにモッツァレラチーズをのせて焼いたもの、そら豆、父はお刺身・・・こんな感じで、父の好きなものばかりだったんだけど、あんまり手のこんだものではなかったですぅ。。。
リーシェちゃんはお料理がとっても上手なんだよね!
以前リーシェちゃんのお宅でいただいた、リーシェちゃんが作ってくださったひよこ豆のお料理がとってもおいしくて、その後真似してよく作っています。
リーシェちゃんを見習って、私ももっとお料理の腕を磨かなくっちゃ〜。
自分の手料理を、愛するだんなさまに食べていただける日が、お互いはやくきますように☆


よぽりんさん・・・よぽりんさんが大好きだったお父さん、とっても素敵な方だったのだろうな〜と、いつもお話に聞かせていただくたびに思います。
そして、お話を聞かせていただくたびに、よぽりんさんを見習って、私も父を大切にしていきたいと思わせていただいています。

建前、懐かしいです〜♪最近は行く機会がないのだけど、子供の頃は、近所で建前があると、ウキウキしながら行っていました。
お餅やらお菓子やら、いろんなものを投げてくれるんですよね〜・・・今もそうなのかな?

ホーリーフちゃん、そら豆、お魚のところで焼くのもおいしそう〜☆
今度やってみるね。
昨日は、母と「今日のメインディッシュは、そら豆だね〜(笑)」「よくわかったね〜(笑)」なんて言い合いながら、山盛りのそら豆をおいしくいただきました。
そら豆もそうですが、枝豆もおいしい新潟では、夏は山盛りの枝豆が食卓に置かれ、みんなでもりもりといただきます。
県外の方は、ちょっと驚かれるくらいの枝豆の量を食べると聞いたころがあります。

昨日は、とっても楽しいお祝いの夕食でした。
父は59歳になりました。

母「これまで、入院したりすることもなく、元気にこれたことは本当にありがたいことだよね」

父「それが、今になってつけがまわってきたのかね(笑)」(4月に体調が悪くなり、倒れるということがあって、胃潰瘍や胃の腫瘍がみつかったので)

母「でも、それがあったおかげだな〜って思うことが山ほどあるよね。」

私「そうだよね〜。あれからタバコもやめて、休肝日もつくるようになったし、身体を大切にするようになったもんね〜。もっと元気に長生きできるように・・・そのための病気だったのかもね〜。病気になったのも、ありがたいね〜。」

母「みんなにとって、本当によかったよね〜。私もだいぶ優しくなったよね?」

父「いや〜、変わらんな〜(笑)」

父は、まだお薬での治療は続いていますが、むしろ病気になる前よりも元気になったように思います。

父にとっても、母にとっても、私にとっても、父の病気は本当に素晴らしい贈り物だったな〜と思っています。
そして、こうして幸せな父の誕生日をむかえられたことにも、本当に感謝です☆

この気持ちを忘れないで、大切な人を大切にしていく生き方、真に優しい生き方、していこうと思います。
[PR]
# by aroma-nina | 2007-06-06 17:46 | Comments(0)