うちの「たま」

d0109356_14233742.jpg
左がうちの「たま」ちゃん。8歳です。
小顔で美人のパグなんです(親ばか〜)
この「つぶれた」お顔がなんとも言えない可愛さで、どれほど見ても見飽きなくて、毎日、毎日、「たまは、可愛いね〜。今日も可愛いね〜。」と語りかけます。
たまちゃんは・・・というと、そんなことどうでもいいから、なんかちょうだ〜い!・・・そんな感じかな。

「たま」は、今から約5年前に、3歳のときに我が家の子になりました。
私にとっても我が家にとっても、はじめてのワンちゃんとの生活が始まりました。
「たま」と一緒に生活して5年・・・「たま」は、私たちにい〜っぱいの幸せをはこんでくれています。

10年くらい前・・・ある日友達と公園でバトミントンをして遊んでいたとき、ブルドックを小さくしたような、つぶれたお顔のなんともキュートなワンちゃんを見かけました。そのワンちゃんが、「パグ」という種類だと、そのとき初めて知りました。そして、そのとき思ったことは、「いつかワンちゃんを飼うときがあったら、絶対にパグを飼いたい!」

「たま」は、私の大好きなお友達が繋いでくださったご縁で、我が家に来ることになりました。
そのお友達から「ねえ〜、パグ飼わない?」とお電話をいただいたときは、とっても興奮してしまったのを、今でも覚えています。
「うん、飼う〜!」と即答したものの、最初は家族に賛成をしてもらえず、一時はこのお話も保留となってしまいました。
でも、それは家族のせいではなく、私が初めてのワンちゃんとの生活に「不安」がいっぱいあったからなのでした。
その自分の不安な思いと向き合い、そして、そんな思いを「えいっ!」と勇気を出して蹴り飛ばして、一歩踏み出したとき、何とか家族の了承ももらえて、「たま」は我が家にやってきました。
あのとき、勇気を出して、ほんと〜によかった・・・
もう、この子がいない生活は考えられません。

「たま」に出会えて、「たま」がいてくれて、とってもしあわせ〜♪
毎日、毎日、そう感じる日々です。

純粋で、素直で、一途で、愛いっぱい・・・動物さんは、人間にとって「愛の師匠」

これからも、うちの「たま」ちゃんから、愛をいっぱい学ばせていただきます!

たまちゃん、私の元にきてくれて、本当にありがとう・・・


d0109356_1534090.jpg
[PR]
# by aroma-nina | 2007-03-25 15:14 | Comments(0)

お誕生日♪

今日は、私のお誕生日で〜す。
32歳になりました〜。でも、まだまだ「ひよっこ」です。
「女性の盛りは35歳から。それまでは、まだまだ「ひよっこ」よ♪」
そう私の先生が教えてくださいました。
私は、まだまだ「ひよっこ」なので〜す。

その先生をはじめ、私の周りには、素敵に歳を重ねている方がたくさんいます。その方達を見ていると、これから歳を重ねていくことが本当に楽しみです。
素敵な方々をいっぱい見習って、素敵な女性に成長していきたい・・・これからの自分が楽しみです。

今日のお昼は、大好きなお友達の家族がランチに誘ってくれて、ごちそうになってきました。普通のお家の一部分でやっている、お豆腐料理のお店に連れていってもらいました。
お店の雰囲気も素敵で、お料理もとても優しいお味で、とてもおいしかった〜。
まだ是非行きたいな〜と思うお店のひとつになりました。

そして夜は、家族に親戚の人たちも加わって、近くの居酒屋へと出かけて、お祝いをしてもらいます。とっても楽しみです。

生まれてきた日に、私が生まれてきたことを祝ってくれる人達がいてくれること・・・あ〜幸せだな〜って思います。
先日、私の先生からいただいたお誕生日のお祝いのメッセージの中に、「生まれてきてくださって、ありがとう」という言葉がありました。
涙でいっぱいになりました。
「生まれてきてくださって、ありがとう」
私も、心をこめて、この言葉を誰かに贈れる人になりたい・・・と思いました。

今日は、この言葉を、自分へと贈りたいと思います。
「大切な私へ・・・生まれてきてくれて、ありがとう。生まれてこれて、よかったね。」

両親へ、産んでくれて、ありがとう。育ててくれて、ありがとう。」
心を込めて、この言葉を贈りたいと思います。

そして、生まれてきて、出会えたすべての方々へ・・・本当にありがとうございます。

32歳というこの1年、自分をいっぱい幸せにしていけるように、成長していきたいと思います。



d0109356_1049513.jpg
[PR]
# by aroma-nina | 2007-03-24 17:04 | Comments(0)

素敵な時間

私の母校であり、今はスタッフとしてお仕事をさせていただいているスクールは、ご夫婦でアロマセラピストさんで、ご夫婦でスクールの代表をされています。

その先生方と、そして、先生方の2番目のお子さんと一緒に、今日の午後、ログハウスの素敵なレストランで、素敵な、幸せな時間を過ごさせていただきました。

山に近い、静かな場所に建つ、そのレストランは、穏やかで、ゆったりとした、優しい時間が流れる空間でした。

「夫婦」が仲良く、楽しそうに、幸せそうにしている姿を見るのが、私は大好きです。

私はまだ結婚していませんが、その先生方をはじめ、私の周りにいてくださるご夫婦・・・夫婦が二人並んで、幸せそうに、楽しそうにしている姿は、そばにいるだけで、何か、とても大切なものに触れさせていただいているような感覚になるのです。

私にも、出会わなければいけない・・・いえ、絶対に出会いたい・・・たった一人の、大切な人がいる。

その、たった一人の大切な人に出会うために、もっと優しく、素直に、穏やかに・・・毎日を過ごしていきたい。

優しい、暖かなエネルギーに包まれた1日でした。
[PR]
# by aroma-nina | 2007-03-20 23:35 | Comments(0)

古いお家

昨日、本屋さんへ行ったとき、ある雑誌に目が止まりました。
欲しかったマンガ本と一緒に、その雑誌も買って、ルンルン気分で帰宅。
私はお風呂の湯船の中で雑誌を見るのが大好きなので、昨日の夜も、精油を入れたお風呂にゆっくりと入りながら、その雑誌を読みました。

その雑誌に目が止まったのは、表紙に「古いお家に満たされて」という言葉があったから・・・です。

私の家は、築50年くらいの古くて小さなお家です。

雑誌には、古くて小さなお家をちょっと改装して、素敵に整えて、そこでお店をしている方のことが載っていました。

古くても、狭くても、こんなふうに素敵にできるんだな〜♪と、わくわくとしました。

小さなときから、他の人と比べて、他の家と比べて、この「私の家」に、どれだけたくさんのマイナスの思いをもってきてしまったことだろう・・・

本当に、感謝のない私だった・・・と、「ごめんなさい」でいっぱいになります。

「ごめんなさい」とともに、いっぱい大切にして、愛して、「ありがとう」を送りたい。

「満たされている」・・・本当に素敵なことだと思います。
感謝の思いがいっぱい溢れているからだと思います。

雑誌に載っていた方達を見習って、この「私の家」をいっぱい愛して、大切にしていきたいと思います。
[PR]
# by aroma-nina | 2007-03-20 11:42 | Comments(0)

癒しの旅

大学4年生のとき、卒業後の自分の進む道を考えていたとき、「アロマセラピーを学びたい」という思いがどんどんわき上がってきました。

アロマセラピーのスクールなどを調べて、いくつかのスクールから資料を取り寄せたりしていました。でも、そのときの自分に払えるレッスン料の額ではなかったり、どのスクールの資料を見ても、実際に学ぶために行動に移すほどの思いに至ることはありませんでした。

それから時が経って、結局、アロマセラピーとは関係のないお仕事に就きました。
そんなある日、ふと目にした雑誌の広告欄に、とても、とても、と〜っても引きつけられ、書いてあった連絡先に、すぐに連絡をとっていました。

それが、私と、このJHASのアロマセラピーとの出会いです。
その広告は、私がこのアロマセラピーを学ばせていただいたスクールの先生が載せてくださっていたものでした。

「癒しの旅」・・・その広告には、そう書かれてあって、この言葉が、私の深いところに触れたのだと、今、振り返ってみると、そう思います。
そして、その言葉には、その先生のエネルギーが込められていたからだと思います。

あれから8年がたとうとしています。
その先生のもとで、アロマセラピーを学びはじめた頃は、自分もアロマセラピストになるとは思ってもみませんでした。
でも今の私は、このお仕事に出会えたことが、本当に嬉しくてたまりません。
ずっと、ずっと、自分が探していたもの、私の生きる目的を見つけられたからです。

その先生に出会えたこと、その先生を見つけることができたこと、そこに思いをはせるとき、私は自分で自分を誇りに思います。そして、その先生に、このアロマセラピーに出会えたことに、感謝の思いと、幸せな思いが溢れます。

自分の中からわき上がってくる思い、偶然目にするもの・・・でも、それは偶然ではなく、意味のないことなどなく、そこには、何か大切な鍵が隠されているように思います。

そして、その鍵は、自分を「癒しの旅」へと導いてくれるものではないかな・・・と思います。
[PR]
# by aroma-nina | 2007-03-16 00:31 | Comments(0)